中古車輸出の注意点

| 未分類 |

中古車輸出業を始める際には注意しなければいけないことがいくつかあります。
一つ目の注意点は、世界には自国産業を保護するために中古車の輸入を禁止または実質的に制限している国が数多くあるということです。
例えば、アジアではタイやベトナム、インドなどは中古車ビジネスとしての輸入は事実上不可能となっていますし、中南米でもメキシコやアルゼンチンは原則的に中古車の輸入が出来ないようになっています。
他にも右ハンドル車の輸入が出来ないようになっている国など、国によって中古車輸入に関しての規制が違いますので中古車輸出業を始める際には事前に調べておく必要があります。
次に注意しなければいけないのは、中古車輸出に必要とされる書類は輸出する国によってそれぞれ異なってくるということです。
必ず必要となるのは輸出抹消、Invoice、B/Lですが、国によって海上保険証書、原産地証明、輸出抹消の英文翻訳、輸出検査の証明書などの提出が求められることがあります。
ですので、基本的に書類をテンプレート化して使い回すことは出来ず、それぞれの国の中古車輸入業者の指示に従って必要な書類を準備していく必要があるのです。
このように中古車輸出は輸出先によって勝手が変わってくるものですので、しっかりと調べておかなければビジネスとして成り立たせることは難しいといえます。