中古車輸出前の検査内容

| 未分類 |

中古車を輸出するためには、輸出先の国によって設けられている様々なルールを守る必要があります。そんなルールの中で特に忘れてはいけないのが輸出前の車両の検査です。
こうしたことをする機関は複数あり、国によってどの機関で受けなければいけないというように定められていますが、点検内容にそれほど大まかな差はありません。
基本的にどのようなことが行われるのかというと、まず保安基準に基づく走行の安全性が確保されているかどうかという機能的な面があります。フロントガラスの割れやヒビの有無、エンジン・下回りの点検、タイヤの状態などです。
次に外装面では、板金を必要とする凹凸がないことや腐食部分や錆や下地はがれなどがきちんと補修されているかどうかが見られます。
また内装面では、室内の汚れについての確認があります。シートや内貼り、天井のはがれはそのサイズによって修正の必要があります。
その他、走行メーターの交換や巻き戻しの有無なども確認事項です。
走行距離証明が必要とされる国の場合は、一般社団法人日本オートオークション協議会走行管理個別検索システムによって走行距離証明書を提出しなければいけません。
このように国によって違う確認事項をきちんと証明しなければ中古車を輸出することは出来ないのです。