中古車輸出の大まかな流れ

| 未分類 |

個人が保有していたり社用車として利用していた自動車などを買取ってくれる自動車売買業者の中には、引き取った車を海外に輸出することで利益を上げているといったところも少なくありません。日本国内では次回の買い手が付きそうも無い古い日本車であっても、海外ではすぐに買い手が見つかるといったケースが多いことから、製造年月日が古い車両ほど海外に流されやすいという認識を持っておくといいでしょう。
中古車輸出の大まかな流れとしては、通常の自動車買取と同様に査定を受けて保有している自動車を売却するところから始まります。売却する側と買取る側の合意の下で取引を完了させ、所有権が移った自動車を店頭に並べたり自動車オークションに出品したりせずに、船に乗せて何百台も一気に輸出するものだというイメージが分かりやすいと言えるでしょう。
国内リースタイプの自動車買取業者より、海外リースタイプの自動車買取業者のほうが古い車両を高値で買取ってくれることが多いので、製造されてから10年以上経っている自動車や走行距離が10万キロを超えているような自動車は、海外で自動車を捌いているような業者にあたりを付けて売却することをおすすめします。