中古車の輸出先の国 

| 未分類 |

日本国内で販売されている自動車は、ほぼ右ハンドル車のため、中古車も右ハンドルが利用される国(イギリスや旧英連邦のオーストラリア・ニュージーランド・ケニアなど)へ輸出されます。
世界には、中国・タイ・インドのように自国産業保護育成のために、中古車の輸入禁止または実質的に制限している国が多くあります。
ウズベキスタン・エジプト・ドミニカ共和国・パラグアイ・パナマ・コスタリカ・ペルーなどでは、左ハンドルのみが国内で許されているので、新車・中古車の区別なく、左ハンドルのみ輸出が可能です。
国によっては、高い放射線量が検出される日本車の輸入を全面的に禁止している国もあります。
中国のように、商業目的の中古車輸入は原則できませんが、駐在員が個人用として使用する場合は、左ハンドル車1台に限り持ち込むことができます。
タイやベトナムなどのように、高い関税が掛けられ実質的に輸出が困難な場合や、新車は可能で中古車は不可能、中古車の部品の輸入も禁止しているなど、各国の事情によって様々です。
中古車の輸出先には、アジア(バングラディシュ・パキスタン・スリランカ・香港・モンゴル・マレーシア・フィリピン・U.A.E.・シンガポール・ミャンマー)、アフリカ(ケニア・モザンビーク・コンゴ民主共和国など)、オセアニア( オーストラリア・ニュージーランドなど)、 南北アメリカ(カナダ・チリなど)、 カリブ海諸国(ジャマイカ・ドミニカなど)、 ヨーロッパ大陸(ロシア、イギリスなど)があります。
輸出には、コスト面で船便が主に利用されています。