中古車の貿易条件について

| 未分類 |

中古車で貿易を行うためには、そのために必要な貿易条件を整える必要があります。
その条件の一つは必要書類を用意することです。
例えば中古車輸出を行う場合、用意すべき必要書類がいくつかあります。
それは、インボイス、パッキングリスト、B/L、輸出抹消登録証明書、船積前検査証明書などです。
これらは中古車輸出で欠かせない必要書類ですから、必ず用意するようにしましょう。
次に、貿易を行うための資格を備える必要があります。
中古車の輸出を行うにあたっては、各都道府県の公安委員会にて古物商の資格を取る必要があります。
この古物商の免許については、中古車の輸出申告においては必要ありませんが、輸出するための中古車を国内で買い取りするために必要となります。
したがって税関において求められるものではありません。
さて、貿易を行うためには必要手続きをしなければなりません。
中古車貿易で必要な手続きは、輸出の場合、海外のバイヤーとの契約、車を現地に運ぶための船の手配、運輸局における輸出抹消仮登録、輸出予定届出証明書の交付などがあります。
このように必要書類を備え、資格を得て、必要な手続きを行うことで中古車貿易が行えるようになります。