車の輸送手段

| 未分類 |

中古車の輸出は基本的にはバイヤーがする仕事なので、車を売ったユーザーがしなければならないのは書類を提出したり、契約書を作る程度なのですが、ユーザーから買い取った車を他国に輸送するためにはバイヤーは船荷証券を船会社から買い入れて、車を運ぶ手続きをしなければなりません。これには仕入先や売却先なども関係しているので、国際宅急便などを利用して、様々な書類のやり取りを行って、車を仕入先に納入します。
現在の日本においては中古車市場でこのような取引が行われていて、海外に輸出することが一般的に行われています。個人で輸出するのは規制などで難しい点もありますが、専門のバイヤーが仲介することで簡単に取引を行えるようになります。実際の取引としては、最初に仕入れる車の種類を決めてから、国内の市場に出回っているものを探します。仕入先が希望している車を見つけるとバイヤーが手続きをして、目的の国まで車を運びます。
これには様々なネットワークが必要になるので、個人で車を海外に売却するのは非常に難しいのですが、数多くのコネクションを持っている業者に委託することで簡単に車を輸出することができます。船の手配やお金に関することも全て行ってもらえるので、比較的簡単に車を輸出することができます。