森林01現在の日本の自動車は年々追うごとに性能が向上され、耐久性の良い自動車が生産されています。これによって中古車の需要も高くなり、年式の古い車でもその需要が増えています。本来であれば自動車は10年以上経てば価値は下がっていくものの、通常の走行には影響がさほどなく、安全に走行の出来る車が増えています。
こうして耐久性の良い車がたくさん生産されていく市場では、海外の市場においてもニーズが高まり輸出販売も増えていってます。海外では日本車に乗る人が増えています。その車のほとんどは中古の自動車による輸出ですでに日本国内で10年ほどの走行があるにもかかわらず、海外でも安全に走行できる耐久性を持っています。
海外の市場からのニーズとして、日本国内で製造された自動車は壊れにくいということと、作りが丈夫であることに高いニーズが得られています。日本国内では価値の下がった車でニーズがなくなった自動車においても、海外輸出で販売することで高いニーズがあるため、高額買取が実現する自動車もあります。このように古くなってしまい価値が低くなってしまった車であっても、海外におけるニーズがあれば、売却した時に高額の評価がつくことがあります。